■成績太助2プラス/成績太助2NETプラス
バージョンアップでここが変わった!
●新学習指導要領の改訂にともない、観点別の処理機能を強化
観点名の基本値の変更/評定の集計の参照成績として、観点を集計した際の「集計点」および「段階」の使用・各段階ごとに値の自由設定
●帳票の種類を増加
「評定用個人票」を追加/小テストの結果表示、印刷・各観点や学期ごとに集計結果参照/複数の集計結果を並べた「組別成績一覧表」に相当する表を印刷
●同時に扱える平常点・小テスト数が最大20個に
平常点・小テストの入力が最大20個(太助2は12個)/処理した複数テストの結果をまとめて1つのテストとして扱える
●その他
「太助Ver1.2」からの評定データで使用した小テスト読み込み/定期テスト処理プログラム側に、評定作成プログラム側から観点付きでデータを送信(「太助2NETプラス」のみの機能)・観点付き評定を「全体表」「個人票」で印刷
「太助2NETプラス」とは?
「成績太助2プラス」のネットワーク対応版です。サーバーにインストールすることで、ネットワーク上のクライアント機で、別々に科目入力したり、クラスごとに個別入力するといった作業が行えます。
主な機能
クラス別名簿作成
中学校の基本情報をあらかじめ用意し、先生のデータ入力・設定を最小限に。
男女混合名簿にも対応。
生徒名を漢字で入力するとフリガナが自動入力されるなど、入力支援機能付き。
Excelなど他のアプリケーションソフトとのデータの受け渡しも可能。
定期テスト処理
定期テストの情報を設定
テストの得点入力
1教科2科目の処理。選択教科や合同授業、習熟度別授業、チームティーチングにも対応。
評定機能で作成した小テストの読み込み。
入力時の表示教科の一時変更。
学年更新・クラス編成機能
小学校からの学年更新に対応。
学年更新がマウス操作で手軽に可能。
3年間通した成績管理機能。
均等なクラスを作ることができるクラス編成機能。
評定作成機能
教科・先生名を設定し、個々の評定ごとに管理。
小テストを設定し、得点入力。または、定期テスト処理部分から評定作成に必要なテストと成績を読み込み(得点情報の変更も可能)。
評定に利用するテストを選択し、段階を設定して評定を集計。観点別の評定作成にも対応。
実用的な7種類の帳票に印刷またはファイル出力。画面表示しながら加工も可。
仕 様
校種・教科 中学校成績処理
ソフトウェアの種類 学校用運営用ソフト
対応OS Windows 7/Vista/XP/Me/98/95/2000/NT
※Win95は、IE5.0以上必須。
CPU PentiumII以上
メモリ 64MB以上
ディスプレイ 800×600ドット、256色以上(1024×765ドット以上)
CD-ROMドライブ 2倍速以上
ハードディスク空き容量 10MB以上
Windowsは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標です。
PentiumはIntelCorporationの商標です。
その他記載された会社名および、製品名は各社の商標または登録商標です。
Windows7/Vistaは標準で「WINHelp32」が含まれていないためヘルプの利用ができません。ヘルプの閲覧にはMicrosoftからWindows用に提供予定のWinHelp32.exeを個別にダウンロードしていただく必要があります。
価 格
新規購入価格
太助2プラス 73,440円(税込)
太助2NETプラス 105,840円(税込)
バージョンアップ価格
※旧版をお持ちの方は下記の価格でお求めいただけます。
@ A B
製品名 「成績太助1.2」からのバージョンアップ 「成績太助2」からのバージョンアップ 「成績太助2NET」からのアップグレード
太助2プラス 21,600円(税込) 5,400円(税込) -
太助2NETプラス 32,400円(税込) 27,000円(税込) 5,400円(税込)